スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xyzインフェルニティ

IF

実際使ってたものとは多少違いますがたどり着いた先はこんな感じ

後攻に回っても出来る限り戦えるように構成してます


メインブラホ・月・脱出がその象徴で初手にあれば1チャンスひっくり返しにいきます

サイドについても後攻に強く意識をおいた構成になってます


闇ウイルス・御前試合のような定番はもちろん

ヴェーラーやライボルのような後攻初手で持っておきたいカードの搭載にも踏み切りました

特にヴェーラーは魔導や征竜におけるトップメタの先行の動きが強すぎるので

それのけん制という意味合いでの搭載になってます

もちろん後攻限定での投入に限られますが

IFにヴェーラーは意識されてないので警戒なく動いてきた相手には否応なく刺さります


ライボルはいいカードでハンドのモンスターを切りながらサックで出したトークンや

ジョウゲン等を消しにいけるのでなかなか。

-------------------------------------------------------------------------------------------
次はどうしましょ

また気分しだいで書きます


PS:どこかIFのいい教科書のようなブログはないのかな。分かりやすい解説で。

スポンサーサイト

インフェルニティ視点における環境 part2

気分が乗ったので書いちゃいます。

見てる人がいるかは(ry


③vsヴェルズ

環境における第3勢力ともいえるデッキ

公認レベルなら数も結構いるような気がします


相性はと言えば決して悪くはない相手です。

相手の行動は決まっているので行動パターンを理解すれば高勝率を取れるはずです


先行を取れば100%オピオンが出てくると思っていいでしょう

効果によるサーチも反発感染でまず間違いないのでここまではデフォ。


問題は”相手が反発感染込みで何枚伏せてエンドするか”

こちらのハンド状況にもよりますが動けるハンドとして仮定するなら

相手の伏せが「2枚まで」なら伏せの存在を気にすることなく展開しに行っていいと思われます


展開をするなら素直にマエストロークを狙う感じで。

ヴェーラーが怖いと思うかもしれませんがデーモンに打たれない限りはハンドにいない想定で大丈夫でしょう

返しは多少の怖さがありますがケルキオンくらいなものなのでバリアでしっかり抑えていきましょう



④vs炎星(3軸・4軸)

個人的に苦手だったり(笑)

デッキ相性で言えばこれも悪くはないでしょう。


ユウシがいる関係上、時間稼ぎはまず無理なのでお互いに短期決戦になりがちです


ただ相手の妨害カードはヴェーラーくらいなもので

稀にデモンズチェーンを見かけるくらい

動けるなら大胆に動きに行って大丈夫でしょう


デッキパワーでは圧倒しているのでどれだけ早く動けるかが勝負になります


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第3弾はどうしよう。多分気分

ただ、IFよりパワーがあると思えるデッキってこのくらいしかない気はする

しいてドラグニティ


次回は気分が乗ったらデッキでの乗せてみよう

インフェルニティ視点における環境

公認・非公認と積極的に出始めて1ヶ月。

場数もそこそこ踏んだ今、おさらいもかねて環境に存在するデッキの考察を書いてみます


あくまでインフェルニティ使いの視点なので興味ない人は回れ右



見てる人なんているか知らないけども。






①vs魔導

結論を先に言ってしまうと相性的にはよくはない部類


先行取ったもの勝ち・・・なんて見も蓋もない言い方だけど実際そんな状態

IF側が先行を取ればオーガ・バリアで固めてゲームエンド

魔導側が先行を取れば審判からめてジョウゲン・ゲーテと言ったカードで封殺


ただ、問題はお互いの関係がイーブンではないことにある

つまるところデッキの安定性でIFは魔導に及ばないということ


IF側は先行で展開できないことが往々に存在するのに対して

魔導側はバテル・グリモといったサーチカードで安定的に運用できる強みがある

ゲームエンドまで数ターンの余地があるにしてもこれは致命的な差


加えて、IF側は闇ウイルスや芳香を使えるものの相手の先行展開にはまったくなすすべがない

ウイルスこそ後攻でも可能性を残すけど2500打点以上の闇を出すことをゲーテが許さない


IFの安定性が何かで劇的に向上するorIFでも使える手札誘発でもない限りはこの相性はしばらく続くと思う



②vs征竜

比較的相性はいい部類。

魔導と感覚は似たり寄ったり。先行取ったもの勝ち


安定性は魔導のさらに上で動けないハンドと言うことはほとんどない

ただ、魔導と違うのはジョウゲン・ゲーテのような封殺がないこと

このおかげで後攻でもハンドさえそろえれば動ける相手でもあります


こちらが展開に成功さえすれば公開情報が多い相手なので

必要なところにブレイク・バリアを当てさえすれば返されることは稀です


ただ、問題なのはIFが苦手とする各種手札誘発モンスターを多数搭載している点

「エフェクト・ヴェーラー」・「増殖するG」・「ドロール&ロックバード」

これらのカードがメイン・サイド合わせて各種3ないし2づつ入ってるというIFにとっては悪夢そのものです。


ヴェーラーは禁止令での対応は可能なものの増殖するGは防ぎようがなくどうしようもない。

タイミングよっては止まれないこともあるため打たれるだけで致命傷です


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

考察Part2は気分が乗ったら。
プロフィール

ラド

Author:ラド
夢の続き所属

メイン
SacredShining

サブ
ShiningSword
ShiningCavalier
xREDTEARSx

イベント戦績

トライ☆27
ガンス☆14
エヴォ☆?

アニバ☆800
アルマ☆300

YOC

AUTUMN 2010 本戦ベスト8

ツイッター
SacredShiningをフォローしましょう
ブログランキング
遊戯王ONLINE・ブログ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。